妊娠中はシミが濃くなる?今できる対策は?

妊婦

第一子出産後、産後シミに悩んでいたところ、第二子の妊娠がわかり、とりあえず子どもは二人の予定なので、産後、授乳が終わったら思いっきりシミのケアをしようと思っていた矢先、灰色のような淡褐色のシミがうっすら・・・薄いけど・・・頬にあるし、顔全体がくすんでる・・・。

呑気に授乳が終わってからケアなんて言ってる場合ではない!!!

と思い、妊娠中にできるシミ対策を調べてみました。

妊婦

妊娠中はシミが濃くなったり増えたり、身体が黒ずむのは本当!?

妊娠中は、今あるシミが濃くなったり、ほくろが大きくなったり、乳首や乳輪、わきの下、外陰部、正中線などのもともと色素が濃いところが黒ずんできます。正中線は普段はないように見えますが、元々は誰のお腹にも生まれながらにあるものです。

何故シミが増えたり、黒ずんだりする?原因は?

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは卵巣から分泌されているのですが、妊娠すると胎盤でも作られるようになります。そして、その分泌量は出産までどんどん増えていくのです。エストロゲンとプロゲステロンは、メラノサイトを活性化し、メラニン色素の生成を促します。その為、シミやそばかすができやすくなったり、乳首や乳輪、わきの下などが黒ずんだりするのです。

カンパンの人たちの皮膚を調べると、メラノサイトが通常よりも高いレベルでメラニンを産生しています。カンパンに関しては、妊娠中期以降の方が酷くる人が多く、カンパンが悪化するきっかけの多くは紫外線です。日焼け止めをしっかり塗ることや、パウダーファンデーションだけでも塗る事を徹底させるとよいでしょう。メラノサイトが活性化している妊娠中は、普段以上に紫外線に注意することが大切です。

 

妊娠中のストレスでもシミが増える!!

シミの悩み

ストレスを感じるとプロゲストテロンの分泌量が更に増え、メラノサイトが活性化することからシミの原因になってしまいます。妊娠中はただでさえストレスを感じやすいので、できるだけ体を休め、ストレスを溜め込まないようにすることもシミ対策になります。

妊娠中にできるシミ対策は?

妊娠中は出来てしまったシミの治療は難しいので、まずは、シミを濃くしない事、新たにシミを作らない事が大切です。

シミを作らないようにするには美白化粧品で毎日ケアする事です。妊娠中は出来てしまったシミを濃くしない事と、新たにシミを作らないことが大切です。

私はオールインワンゲルのシズカゲルという美白化粧品で毎日ケアしています。

美白化粧品でケアをしたら、日焼け止めとパウダーファンデーションを塗って、紫外線対策を万全にすること、美白効果のある化粧品で、新たなシミを作らない事に徹すると良いでしょう。

紫外線対策の記事はこちら↓

最強の紫外線対策は?あなたのUV対策は正しい?
育児中は外出も多く気が付いたら,肌がこんがり・・・。第2子妊娠中でこれ以上シミを増やしたくない私が,絶対日焼けしないために,色々調べた事を記事にまとめました。

漢方でシミ対策?

ハトムギ茶

冷え性で血行が悪く、顔などにシミやくすみ、くまなどが出来やすい体質のことを『お血体質』と言い、改善する薬を『駆お血剤』と言います。これを用いて、体質改善をしていくうちにシミが薄くなる事もあります。中でも当帰芍薬散は妊娠中でも飲める漢方です。

当帰芍薬散は色白で冷え性タイプの方にむく漢方薬です。また普段からむくみやすい人にも効果があります。

瘀血を取り除き、流れを良くして、しみを少しずつ改善していきます。また、ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、妊娠中や産後の不調の時にも処方されます。

どうしても身体の中からケアしたい人は産婦人科の先生に相談するとよいです。

また、はと麦茶にもシミを改善する効果があります。私は妊娠中も飲み続けていますが、はと麦茶と美白化粧品で今のところ新たなシミは出てきてません。

はと麦茶についてはこちらから↓

はと麦茶はどんな効果がある?飲んで身体の中からキレイになろう!
ハトムギ茶を飲むだけで美白効果が!!?お茶を飲み始めて便秘解消もできて一石二鳥!!ハトムギについて調べて実践している事をまとめました。

コメント